天理ホッパーズ

理ホッパーズは、主に、天理市の福住小学校、天理小学校、櫟本小学校、山の辺小学校、丹波市小学校と近隣小学校の男女1~6年生によるミニバスケットボールクラブ(ミニバス)です。

丹波市小学校、櫟本小学校、福住小学校の体育館を練習拠点に活動しています。


 

◆コーチのメッセージ

天理ホッパーズコーチの森本です。天理ホッパーズのコーチは現在私を含めて7名います。
私はコーチの代表をさせていただいています。
 
私は子どもたちに「パスは仲間と仲間をつなぐ友情の証。ホッパーズで出会った仲間を大切にしよう。」
と話をしています。
 
バスケットボールは1つのボールをパスやドリブルで運んでいきゴールへ入れるというスポーツです。
だからパス・ドリブル・シュートなど個人の技術は大切です。
そしてもっと大切なのはコートに立つ5人が協力し互いに励ましあうことです。
そういうことを練習や試合をとおして子どもたちが知ってくれたらとてもうれしく思います。
 
練習を重ねるうちにできない事ができるようになってきます。
バスケットをとおして、できるようになるための努力・仲間を思いやる心・相手チームに対する礼儀・自分たちのために力を貸してくれる多くの方々への感謝の気持ちなど・・・
そういう人間として大切なことがわかってくるからこそバスケットが上手になっていくんだと思います。
 
勝ち負けを争うスポーツですが小学校時代に一番大切なのは心の成長だと思っています。
試合はなかなか勝てなくて悔しい思いをしますが子どもたちが成長し、
中学・高校で開花してくれると信じています。
たとえバスケットを続けなくてもホッパーズでの経験が必ず、正しいことを正しいと言える強さを持ったそして心の温かい人間へと成長させてくれると思います。
 
7名いるコーチたちは日々子どもたちと触れ合う中でいろいろな壁にぶつかったり悩んだり、喜んだりしています。
どうしたら子どもたちの心に響くだろうか・・・
そんなことを考えながら共に歩んでいます。
気がつけば私たち大人が子どもたちの純粋な心に教えられることが多いです。
 
子どもたちと一緒に私たちも育っています。
 
どんなチームなのか
どんな練習をしているのか
一度体育館へお越しください。
みんなでかけるエールの輪が大きくなったらとても嬉しいです。
天理ホッパーズ 
コーチ代表 森本郁代